360度評価アンケートに関して

2019年10月15日

評価アンケートの結果を公開しました。 思った通りの人、良かった人、悪かった人。様々だと思います。 他PJでの活躍が見えなかったり、自分との相対評価であるためチームメンバーに貢献度の高い人がいると相対的に自分の評価が下がったりなど、そもそもアンケート方法やアルゴリズムにまだまだ問題もあります。 なので評価アンケートの結果に、必要以上に一喜一憂して振り回されないでほしいと思っています。 うんちくになりますが、 心理学者のヘーゲルは、精神現象学でこのように言っています。 第一段階として、承認欲求。承認欲求を満たすために人は闘いを繰り返していました。 第二段階として、自由。他人から認められたいと思うから競争になるのであって、自分の価値に従って生きていけばよいと思うようになったそうです。 そんな中、最終段階として、この「承認欲求と自由」という矛盾を解決するために、「普遍を求める意識」があると言っています。自由は求めるけど、承認は拒否せず、自分の個性を表現するが、「自分も他人もいいと思えるものを追求する」という考えです。 今回の評価アンケートの結果は、第一段階の承認欲求であり、これだけに振り回されてほしくないと思っています。 評価結果をあげるために頑張っていると思われるのも恥ずかしいという逆バイアスの気持ちもよくわかります。 かと言って、俺は俺の道と言って、完全に無視して、第二段階の自由を追い求めるだけも違うと思います。 「チームワークで個性を発揮して、挑戦するお客様への支援力を鈴木商店として最大化する」という普遍的なものの追求のためということを見失わず、評価アンケート結果というある側面で切り取った数値を参考にしつつ、自由に個性を発揮してもらえればと思っています。 360度評価アンケートは毎月実施します。その中で評価者も被評価者も、慣れていって普遍的なものの追求のエネルギーにしていければと思っています。 ... 続きを読む

朝会について

2019年10月10日

鈴木商店の朝会はみんなで顔をあわせて「おはよう」という場です。 本部業務の最小化を目指す上で朝会は必要か、という提案に無条件に「必要だろう!」と思いますが、なぜ必要かを言語化できません。 息子が2歳ぐらいのときに、あいさつをしないので、強制しました。 でも彼はあいさつをしませんでした。私もそんな彼を尊重してそれ以上強制しませんでした。 10分ぐらいたって、彼がアイパッドのSiriに話しかけるのが聞こえてきました。 「なんであいさつするんですか?」と。 。。。 ちなみにSiriは「あなたの言っていることがわかりません。」と答えていましたw なぜ、あいさつするんでしょうか? あいさつする人と、しない人。あいさつしてくれる人の方が感じが良い。 どうやら、あいさつって何かある気がします。 調べてみると挨拶とは禅宗に由来するそうで、「互いに心を開いて近づく」ことだそうです。 ティールでいうところのホールネス、流行りの言葉でいうと心理的安全性と言ったところでしょうか。 チームワークを大切にする鈴木商店では、朝会でみんなで1分だけでも顔を突き合わせて挨拶していくことを続けていければと思います。 ... 続きを読む

経営方針ワークショップを開催します

2019年09月09日

10月1日に経営方針の発表会を行いますので時間の確保をお願いしますね。 それに先駆け、今週金曜日18時から、経営方針のワークショップを開きたいと思います。 目的は、私が考える大テーマに関して、みなさんの意見を聞きながら具体的なビジョンに落とし込むことです。 ティールにそのまま従うつもりはありませんが、ティールには、①セルフマネジメント、②ホールネス、③進化する組織のビジョンの3つの特徴がります。 この、③進化する組織のビジョンとあるように、ビジョンは固定せず変わるものと捉えますが、今の所という意味で決めれればと思っています。 現在、プロジェクト時間の確保が大切なタイミングですので、それぞれの判断の上で、参加は任意で大丈夫です。 ... 続きを読む

給与制度デザインサークル 経過報告(第5、6回)

2019年08月26日

8月5日に第5回の給与制度デザインサークルが開催されました。 前回のヤングチームとアダルトチームの給与制度案をもとに鈴木が案を作成して、みんなでもみました。 また、ヤングチームとアダルトチームが評価軸の案を作ってきてくれたので、その話を聞きました。 8月21日に第6回の給与制度デザインサークルが開催されました。 来期のシミュレーションをもとに、給与の原資を出してみました。 その結果、一旦、前期の給与原資は今の105%、後期の原資は更に105%として計算しています。 また、前回の給与制度と評価軸の対話をもとに、鈴木が案を作成しました。 それに伴い、全員が全員分のシンプルな評価を実施してみたいと思います。 ・この人は私より会社に貢献しているか ・この人を私は評価できるか ・この人は私を評価できるか この結果をもとに、簡単なアルゴリズム(メンバーからの点数につながりの重みを加味する)により評点を算出してみます。 (未完成なアルゴリズムによる)集計結果の評点はサークルメンバーには公開しますが、誰がどのように回答したかは私以外にはわかりません。 「会社に貢献」というシンプルな質問にしている理由は、評価軸を固定するのではなく、様々な評価軸を許容したいという思いからです。 ... 続きを読む