ビジョンコミュニケーション

2018年03月20日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 ビジョンコミュニケーションを開催していってます。 鈴木商店のビジョンを理解した上で、各人の目標を立ててもらうのが狙いです。 部室長にはキチンと説明できてないので、今日12時からまとめて説明しますね。 あと、大地、テディー、マーチン、ミキティー、ショウエイ、ヤマケン、やまさんには事前に面談はしたんだけど 目標設定とかの話しが出来てなかったので、今日12時45分からまとめて説明しますね。 まだ話しできてない、 ドリ、真也、たじりん、遼哉 は別途日程調整させてもらいます。 ドリはWebでやりましょう。 その上で、みんなビジョコミシートに目標を記載してください。期限は3月28日とします。 で、3月30日から順次、上長と目標の面談を行って最終決定していきます。 それまでに読み込んでおきたいので、3月28日は必須ね。 コンサルは大ちゃん、APIは白やん、UIはテツ、コーポレートは信国さん、営業は十河、美雲屋は武喜に入ってもらいます。 俺はすべてに参加します。 ショウエイの朝会とか分科会をお願いしてる人もいますが、それは別途、俺と個別にやりましょう。 すでに説明した人に1点修正があります。半年から1年としましたが、全員9月末の目標としてください。 信国さんから説明がありましたが、4月9日に半期事業計画の説明会を行います。 そこで全員の目標を発表してもらいますね。 大変だな〜とかでなく、自己成長のためだと、明るく!楽しんでやりましょう! ... 続きを読む

新入社員

2018年03月15日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 本日から新しい仲間がジョインしてくれます! 田尻さんです! API課所属となります。 今日から2日間インターン、19日から正式に入社となります。 新卒から某大手SIerで2年間SEとして働いての転職となります。 従業員10,000名超えの大企業から、大阪の名もないベンチャーへの転職です。 なかなかやるやん。と思います。 面接の際には、鈴木商店の悪いところを中心にお伝えしたつもりです。 なので何も隠すことはないのでご安心ください(笑) それでも、 ディレクションだけでなくシステム開発をキチン学びたい。 チームでの開発を大切にしたい。 小さな組織で主体的に働きたい。 との思いからジョインしてくれることを決めてくれました。 テディーがOJT担当になります。 責任をもって、しっかりと大切に、時には厳しく育ててあげてくださいね。 新しい風です。しっかりとこの風をつかんでいきましょう! ... 続きを読む

顧問と具体的にどういった内容の話をしているのか

2018年03月14日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日は大地からリクエストのあった、 「顧問と具体的にどういった内容の話をしているのか」 についてお話したいと思います。 昨日も打ち合わせさせていただいたんですが、基本的には今鈴木商店の課題をあげていって一つ一つ議論していきます。 昨日はそれらの課題のカテゴリ分けをしていきました。 浮かび上がってきたのは以下の3つにカテゴリです。 ◆採用 ◆社員満足 ◆見積りから要件定義 まず採用ですが、引き続きマーキーが一生懸命取り組んでくれます。 皆さんにも集客原稿作成、面接などをおねがいしています。あざーす。 それ以外に最近俺自身が直接ウォンテッドリーでスカウトメールをしています。 ちょいちょい反応が出てきてめちゃ楽しいです!。 なんとか成果につながるよう引き続き頑張っていきます。 ところで、みなさん、採用の新しい原稿って知ってますか? 鈴木商店が目指すべき方向性を凝縮しています。 Wontedlyにあがっているので一度確認しておいてください。 マーキー、URLの共有お願いしますね。 鈴木商店社長、鈴木史郎から伝えたいこと。「この指とまれ!」 次に社員満足です。 給料や休みと言った不満足要因。 と、カルチャー、ビジョン、目標、達成感といった満足要因にわけて検討を進めています。 不満足要因の部分をコーポレート管理室が中心に、 満足要因を鈴木中心にすすめています。 今やっている、ビジョンコミュニケーションやこの朝会も満足要因のためにやっている取り組みです。 最後に見積から要件定義です。 苦戦しているプロジェクトは、見積・要件定義でつまずいている要素が大きいです。 プロセスやコンサル部が発足する前の話しなので、コンサル部がどうのこうのという話しではないですよ。 先日、大ちゃんが「もう絶対、炎上させないですよ」と強い決意表明してくれて、ちょっとウルッときました。 見積から要件定義の部分の強化していきます。 採用、社員満足、見積から要件定義 これらは、鶏と卵の関係のように、それぞれ相互関係があります。 まずは、失敗を恐れず、できることからトライしてみる。 行動しないとなにも変わらないですからね。 葭田は会社のことを詳しくしっているわけではないですが、それが逆によくて、客観的にみてアドバイスをくれる。 それを俺が受け入れる入れないも含めて、鈴木商店流にカスタマイズして活かしていく。 スポーツでいうところのコーチと選手のような関係ですね。 そんなやりとりをしています。 ... 続きを読む

感謝いただく

2018年03月01日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今朝は早朝からありがとうございました。 お客様始まって以来のトラブルだそうで、大変感謝いただいています。 トラブルの発端となった女性社員は、ずっと泣き崩れているそうです。 あっ、今日参加表明できなかった人、逆に気を使う必要ないですよ。 急な話しで色々と予定があるのも十分理解していますので。 お客さんから頂いたLINEを紹介させてもらいます。 ”本当に有難うございます!! このご恩忘れません!!” ”弊社も団結してもう少しこの難局乗りきりって見せます!本当に有難うございます^^ 鈴木商店様全てに感謝!!” ”鈴木さん本当にありがとうございます。 鈴木さんとスタッフの方のお陰で間に合いました。 またゆっくりお礼をさせて下さい。 スタッフ皆さんにも宜しくお伝えください。” 損得抜きで人の役に立って感謝されるってホントに気持ちのいいものだなーってあらためて思いました。 本業のシステム開発でもお客様の力になれるよう、今日一日、精一杯がんばりましょう! ... 続きを読む

職場ビジョン 1on1面談

2018年02月28日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日は1on1面談の告知です。 会社の理念・ビジョンを最近朝会でよくお伝えしています。 もう少し踏み込んだ話しを1on1でやって行きたいと思います。 その際、みんなのビジョンも聴かせていただきます。 もちろん将来のビジョンとかプライベートのビジョンを聴かせてもらってよいですが、 テーマは「職場ビジョン」とします。 どんな職場にしたいのか理想を聴かせてください。 できるかぎり明確にしておいてくださいね。 ちなみに俺の職場ビジョンは 「社員がイキイキと仕事をし、仕事を通して成長できる職場」 です。 ... 続きを読む

内製化支援

2018年02月24日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日は色々と質問の多い、 「内製化支援」 についてお話したいと思います。 まだまだ構想段階なのでブレるかもしれませんよ。 良品低価格なシステムを挑戦者に届けるのが私たちのミッションです。 そのために開発のプロセスを磨いてわけです。 しかし、これらは初期開発に限定のことであり、 お客様に最適な運用はいかがなものでしょうか? その一つの方法が内製化支援です。 お客様の内部にシステム開発部隊を立ち上げるのを支援するわけです。 軽微な修正なデータパッチなどはお客様自身で実施していただく。 コスト的にもスピード的にも最適です。 では、その形をどうやってつくるのか? それは初期開発時点からお客様の担当者様に開発にジョインしていただいて一緒に開発する。 必要に応じて採用までお手伝いする。 私たちが当たり前にやっているような仕事のほとんどは他から見れば全くわけのわからない世界。 なのでお客様自身で立ち上げるのは極めて難しいことです。 大規模改修などはまた私達に声をかけていただいて一緒にやります。 そもそも鈴木商店は運用で儲けようとしてませんし、私達の視点で見れば、いつまでも古いシステムを面倒見なくてすみます。 まさにウィンウィンのサービス、これが内製化支援です。 ... 続きを読む

スナック青井

2018年02月24日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日は青井ちゃんからリクエストのあった、 「スナック青井」 についてお話したいと思います。 キッカケはとあるお客さんの社員バーに招待いただいた時。 お洒落さ、ラグジュアリー感は0の古びた元スナック。おばあさんが一人で運営されていてる。 キープされているボトルを見ると、役員の名前から平社員の名前まで区別することなく並んでいていた。 その時にコレいい!と思ってはじめたのがキッカケです。 仕事終わりの飲みとなると、お金もかかるし、行くグループも限られてくる。 なので、仕事帰りにさらっと集まれて、普段会話しない人と話ができる場がスナック青井です。 少し話はズレますが、飲み会って必要?という議論もあるかと思います。 俺は大切だと思っています。 人間関係において、事実だけでなく、その背景を知ることが大切だと思います。 この前、大阪証券取引所の勉強会で面白い話がありました。 「コンテンツとコンテキスト」 コンテンツは事実、コンテキストは背景とかストーリーとか言う意味だそうです。 例えば、大学生にキャバクラでバイトしていると聞くのと、キャバクラで大学に通っているというのとでは受ける印象が違うという例でした。 大学生に聞くと「けしからん」となりますが、キャバクラ嬢から聞くと「がんばってるね」となる。 なるほどと。 ですので、色んな立場で普段あまりコミュニケーションをとっていない人のコンテキストをスナック青井で見つけてもらえればと思います。 ... 続きを読む