鈴木商店のIT部門設立時の話 vol.3 ~フューチャー~

2018年02月24日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日はしらヤンからリクエストのあった、 「鈴木商店のIT部門設立時の話 第3段、フューチャー」 についてお話したいと思います。 (シリーズ第1段「スイッチ」はこちら) (シリーズ第2段「就職活動」はこちら) なんとか第一志望のフューチャーに入社することが出来たんですが、 既卒ということで、前倒しで海外採用の研修もあるよと勧められました。 少しでも早く学びたいを思っていた私には願ったり叶ったりです。 それで海外採用枠での研修に参加することになったのですが、 海外で過ごしてきた人たちです。濃いんですw 僕もどちらかと言えば濃いので、めっちゃ楽しく過ごすことができました。 研修初日、始めの講義が「LANケーブルの組み立て」 えっ? コンサルってもっと、戦略がどうのとかじゃないの? フューチャーシステムコンサルティング。。。 フューチャー「システム」コンサルティング。。。 「システム」って入ってるやん!!w コンサルティング会社に入社するつもりが、システム会社に就職することになりましたw これが私とシステムとの出会いです。 でも、真っさらな僕には、何でも吸収の場です。 大阪では鈴木商店が待っています。 吸収できるものは何でも吸収するぞ。 それがフューチャーにとっても貢献になるはずだ。 そんな意気込みで仕事に励みました。 でも何もできることはありません。 そこで決めたのが「誰よりも長時間働く」。 今ではありえませんよね。 親父が元気なのが2年間ということだったのですが、 結局4年間修行させていただくことができました。 様々な成功体験を頂きました。 ホントにいい会社でした。 鈴木商店が大きくなったら何らかの関わりを持たせていただきたいと企んでいます。 ここで親父の体調悪化の知らせを受けて、大阪に帰ることになります。 いよいよ、システム事業部の立ち上げです! つづく ... 続きを読む

鈴木商店のIT部門設立時の話 vol.2 ~就職活動~

2018年02月24日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日はしらヤンからリクエストのあった、 「鈴木商店のIT部門設立時の話 第2段、就職活動」 についてお話したいと思います。 (シリーズ第1段「スイッチ」はこちら) 印刷卸業で限界を感じていたので、何か新しく事業展開できる業種は何かな。 という観点で就職活動をしていました。 とはいえ、業界のことを色々調べたり、日経新聞を読み漁ったりしましたが、 正直よくわかんない。 であれば、つぶしがきく基礎能力となるような業種にしようと。 で、なんとなくコンサルティング業界ってかっこよくない? ということで、コンサルティング業界にしぼって就職活動を行いました。 アンダーセン(現アクセンチュア)、デロイト、プライスウォーターなどなど。 そこで、最終的にお世話になるフューチャーシステムコンサルティング(現フューチャーアーキテクト) という会社と出会うわけです。 決め手は、企業説明会での金丸社長のプレゼンでした。 「なんなん、この人!めっちゃカッコええ!よくわからんけどw」 それで、フューチャーを第一志望として、採用試験に挑みました。 1次、2次面接をなんとか通過し、いよいよ最終プレゼンです。 しかし、 ・上場したてで狭き門 ・一浪、ワーホリで1年遅れ、既卒 ・学生時代これと言ったことはなにもしていない という状態で、普通に挑んでも受かりっこない。 で考えた戦略が、キワモノ採用狙い。 当時フューチャーは上場したてのイケイケな会社でしたので、 相手の物差しで測れない戦法にでると、ノリで取ってくれるのでは、とw そこで、「鈴木ロボットを売りに来ました。」という、 ロボットに扮したプレゼンをして、見事、内定を勝ち取りましたw しかしよく採用してくれたもんだなと今でも不思議に思いますw このノリがこれからも鈴木商店のコアでありたいと思いますw で、フューチャーで働くことになるわけですが色々あるわけです。。。 つづく ... 続きを読む

鈴木商店のIT部門設立時の話 vol.1 ~スイッチ~

2018年02月22日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日は、しらやん からリクエストのあった、 「鈴木商店のIT部門設立時の話」 についてお話したいと思います。 ちょっと長くなりそうなんでシリーズ物にしますね。 今日は「スイッチ」についてお話させてもらいます。 「お父さん、癌なったから帰っておいで」 1998年、大学を休学して、オーストラリアでワーホリ中の俺にお袋から一本の電話がありました。 この電話をキッカケに大学入学以来、特に目的もなくフラフラと遊んでいた俺は、大学に通いながら鈴木商店で働くことになりました。 従業員はお袋と親父、あと配達の赤帽さんの3名です。 当時の鈴木商店は、印刷材料の卸でした。 街の印刷工場にインキとか一斗缶とかを届ける仕事をしていました。 「黒のインキは、だれが届けても黒」 学生時代に何の力もつけていなかった俺にはこの事業を伸ばすことができるはずもなく、 限界を感じつつ、ただなんとなく配達を続ける日々でした。 周りの同級生たちは、就職活動をはじめ将来の夢とか語り始めるわけです。 「あれっ、ちょっと俺ヤバイかも。」 と薄々気付きながらも親父が入退院くりかえしていたので、就職できずにそのまま卒業することになりました。 そんなとき何気に配達の軽トラのダッシュボードを開けると、見たことのない白い紙が見えたんで、 奥の方から取り出してみたら大人用のオムツだったんですよね。 親父は大腸がんだったんですが、オムツ履いて配達してたんです。 ガツーーーーン!!!! ハンマーで殴られたような衝撃でした。 仕事ってココまでやるもんだよなと。 ここまでやって大学に通わせてもらっているのに、なんにも考えずに遊びほうけていた自分にめちゃくちゃ後悔しました。 でも今の状態から抜け出せない。。。 そんなとき親父が急に元気になったんで、病院の先生に聞いたら「2年ぐらいは大丈夫じゃないかな」と。 チャンス、キターーーーーー!! 親父に相談して就職することに理解してもらい、いざシステム業界に飛び込むことになります。 あのオムツがまちがいなく俺の人生のスイッチでした。 つづく ... 続きを読む

朝会リニューアル

2018年02月19日

明日から朝会をリニューアルします。 テーマは「タイムマネジメント」。 時間を意のままにコントロールしてやろうと企んでいます。 各自がプロジェクト全体スケジュールを理解た上で、 自分の今日の30分単位のスケジュールを立て、 それを強い意思をもって実行していく。というのがゴールイメージです。 朝会の司会進行は、朝会隊長のショウエイ。 ショウエイがタイムキーパーをするので、それにあわせてみんなが動きます。 10時30まで プロジェクト毎に、昨日の進捗を報告し、本日の作業内容を確認します。 リーダーは、各メンバーの状況を正確に把握し、メンバーは自身の作業内容を明確にしておきます。 10時30分〜10時45分 部課長で、主要なプロジェクトのスケジュールレビューを行います。 1プロジェクト5分程度です。 10時45分〜10時50分 本日の作業が明確になった上で、各自が本日のスケジュールを非公開のGoogleカレンダーに登録していきます。 会社でスタッフを管理したいという意味合いではなく、個人のタイムマネジメント力トレーニングという意味合いです。 ランチ、退社時間も登録していきます。 友人との会食などプライベートな予定も入れていってください。 10時50分〜11時00分 いつものPJ毎の報告を行っていたのですが、マンネリ化していたのでやめます。 何かしら報告がある人だけが発言するようにします。 最後に私が話します。 みんなが普段疑問に思っていることや、私に聞きたいことを「朝会ネタ帳」に書き込んでくれているので、 それに対して私の考え方を共有していきます。 朝会は単なる「場」です。 場を有効活用するのか、しないのかは気持ち次第。 やらされているからやるのでなく、タイムマネジメント力をつけてやろう!と自己成長のために積極的に 取り組んで行きます! ... 続きを読む

朝会をどういう風にしていきたいと考えていますでしょうか?

2018年02月15日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日はショウエイから質問のあった、 「朝会をどういう風にしていきたいか」 についてお話したいと思います。 突然ですが、「いい会社にしたい!」とみんな思ってますよね? これ鈴木商店のホントいいところです! 俺も心から思っています。 では、いい会社とはなんでしょうか? 一言でいうと「イキイキと働ける会社」と俺は定義しています。 そのために、まずは、以下の4つを具体的に行動していきます。 1.仕事を通して自己成長できる環境(意識)創り 2.ビジョンの浸透 3.目標の明確化と現状の共有 4.お客様からのフィードバックを共有 それら実行の場として、まずは朝会から変えていきます! で、朝会隊長としてショウエイが名乗りを挙げてくれました! 拍手! ショウエイ、意気込みをお願いします! 詳しくは来週月曜の朝会にて。 乞うご期待! ... 続きを読む

史郎さんお勧めの書物など

2018年02月14日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日はタバやんから質問のあった、 「史郎さんお勧めの書物など」 についてお話したいと思います。 たばやん、回答遅くなってごめんね。 なかなか気の利いた回答が思い浮かびませんでした。 今年に入って週2日酒を抜いているので、夜ベッドに入って本を読むのが楽しみです。 最近は信国さんが勧めてくれた「ホモ・サピエンス全史」を読んでいます。 もしくは息子のドラクエやってます。ただ徒労感がすごいので早くクリアしたいです。 さて、今回は書物ではありませんが、最近、「この人、すげー」と思った、 映像コンテンツを紹介します。 アップルミュージックのTokyo,Music&USというコンテンツで なんともシャレオツな東京っぽい、イケスカンw番組です。 小沢健二さんがゲストの満島ひかりさんや峯田和伸さんとトークしています。 ゲストの人が小沢健二の音楽を聞いて連想したキーワードを 事前に小沢健二に伝おいて、 そのキーワードに対して、小沢健二がエッセイを読み上げます。 そのエッセイがすばらしいんです! まず、感性がすごい。そう感じるんだと。 言葉、文章力、声。 お洒落で、リズミカル、理解しやすくてオチもある。 さすが東大卒って感じです。 俺は文書が書くのが苦手なのですが、 なんだか文書を書きたくなる気持ちにさせられます。 興味ある人は是非見てください。 もちろん、業務時間外でお願いしますね。 みんなは左脳ばかり使う仕事なので、 たまにはすばらしいコンテンツを感じて右脳も鍛えてみてはいかがでしょうか。 ... 続きを読む