鈴木商店の長所と短所

2018年02月13日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日はヤマケンから質問のあった、 「鈴木商店の長所と短所」 についてお話したいと思います。 長所は、良いメンバーが集まっていること。 個人のスキルもある。 仕事に対しても真面目。 メンバー同士も仲がいい。 でも、利益やお客様満足度など思うように成果が出ていない。 なぜなのか。それが短所なわけですが、 一言でいうと、経営力です。 長所である、良いメンバーがいることを活かせてない。 みんなのベクトルを同じ向きに出来ていない。 まずは、ビジョン。 なんのために鈴木商店は存在しているのか、 なにを成し遂げて、世の中のにどう貢献しようとしているのかが 社員全員が腹落ちしなければなりません。 その上で、ビジョンを達成するための、目標設定。 ビジョンと目標との関係を社員全員が理解し、その目標を「本気」で追いかける。 という状況を作り出せていません。 で、目標設定ありきになるのですが、次の弱みがタイムマネジメント。 時間をコントロールできていない。 時間に振り回されているわけです。 忙しい、忙しい。時間がない。時間がない。と。 時間をコントロールするとはどういう意味でしょうか? それは、計画通りにやり切るということです。 今期のテーマ「予実と改善。」の「予実」ですね。 「追われるな。追え」です。 毎日、今日の1日の計画をもっていますか? 何時に起きて、 何時に出社し、 何時から何時までどの機能を開発し、 何時にクライアントにメールし、 何時にランチに行き、 何時にタバコ休憩を取り、 何時に退社するか? もちろん、クレームやトラブルなど計画通りに行かなくなることがあります。 そのような場合、即座にリスケが必要です。 ただ、目標は見失ってはいけない。 明日の朝早く来るとか、リーダーに相談して助っ人を頼むとか、 リカバリする方法はいくらでもあるはずです。 あたりまえですが、計画だけでは無意味で、その通りに実行する強い意思が必要になります。 大きな時間は生み出せないかもしれませんが、1時間あたり6分ぐらいは、 本気になれば生み出せるのではないでしょうか? 1割の効率化って凄い事です。 30人の会社であれば、社員が3人増えたことに値します。 短所はすぐに改善できるわけではありません。 まずは足元のできることから。時間をコントロールして行きましょう! ... 続きを読む

今、注目している企業、ビジネスモデル

2018年02月08日

今、注目している企業、ビジネスモデル 代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日は山さんから質問のあった、 「今、注目している企業、ビジネスモデル」 についてお話したいと思います。 先日、とある人からこんな相談を持ちかけられました。 スーパーコンピューターで、ビットコインのマイニングをすれば、 ◯◯円の投資で、△△円のリターンがあるって言われてる。 史郎どう思う? その話が本当かそうでないのか、俺には判断する知識がありませんが、 「そんな金の儲け方、好きじゃない」 って思いました。 テディー(鈴木商店スタッフ)がギャンプルするのはOKですよw 何が好きじゃないかというと、誰の約にもたっていないと感じたからです。 (実際は誰かの役にたっているのでしょうが、そう感じたというお話です) 人の役にたつ仕事をする。 その事を通して、働きながら自分も育つ。 それこそが仕事なんではないかと。 昭和すぎますか?w 本題からずれました。ビジネスモデルの話をします。 まず、サービス系について触れたいと思います。 弊社でお手伝いしている ・ダンドリワーク 最近、上場した大阪の企業 ・クックビズ 大阪発のシェアリングエコノミー ・アキッパ どれもこれも素晴らしいビジネスモデルですね。 でも、ビジネスモデルも当然重要ですが、 ベトナムでサービス立ち上げようとして感じたことだけど、それは、 サービスはプロダクトアウトではない! ようは、製品がいいから売れるわけでなく、 すごいエネルギーのある人が初めにそれをどうやって広めていくかが 重要になります。 そして、広めつつ資金を集めて、機能改善・拡張していく。 という好循環を生み出す必要があるわけです。 鈴木商店でBtoC向けのサービスを立ち上げるような思いもありますが、 作れば広まるというようなものでもないので、今すぐには予定はしていません。 で、鈴木商店は、 頑張ってる人たちの役にたつシステムを安く提供する。という、 なんとも男らしい、シンプルなビジネスモデルに経営資源を集中することに決めました。 その視点から、注目している企業、ビジネスモデルとして2つお話させてもらいます。 まず、セブンイレブン ひと昔前、コンビニ業界は出店すれば儲かるという時代でした。 どのコンビニも全国制覇だ!とかいいながら、出店しまくってたわけです。 IoTだ!AIだ!とよくわからないのにニーズがあるから売っているのと同じイメージです。 で、現在の覇者、セブンはその頃何をしていたかというと、 関東圏にターゲットをしぼり、物流、調達、マーケティングと虎視眈々と勝つための 金型をつくっていたわけです。 で、勝てると判断してから、全国展開です。 四国に来たんなんて2年前ぐらいじゃないですかね? 他のコンビニの隣に作る程の自信です。 鈴木商店の徹底的に効率化したシステム開発というのは、 この例を参考にして作り上げたビジネスモデルです。 つぎにタマホーム 建築とシステム開発というのは、ある側面では似ている業界です。 その建築業界で鈴木商店と同じ思想をもっているのが、タマホームだと捉えています。 「日本の家は高すぎる。日本人に豊かな暮らしを」 という信念で突き進んでいる住宅業界の異端児ですね。 直接仕入れや、大量購入などの必死の努力で住宅の値段をさげておられます。 建築業界の人に聞いても、 安かろう悪かろうでは決してなく、悪いイメージはないそうです。 先日もいいましたが、 俺の戦法はベンチマークを見つけて、そこから学ぶというやり方です。 いわゆるパクるというやつですw ホームページもパクってますw タマホームの営業、設計、施工などのノウハウも研究すれば、 色々と学び(パクリ)はありそうだと考えています。 で、結局何が言いたいかというと、 ビジネスモデルというのは成功の必要条件であり、十分条件ではない。 やりきる力、チームワーク、創意工夫というのが成功の十分条件だと思います。 ... 続きを読む

美雲屋って

2018年02月07日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日はタケヨシから質問のあった、 「美雲屋って」 についてお話したいと思います。 美雲屋の紹介ページ 今までの成果として数え上げればキリがないのですが、 ・武喜を呼び戻す ・白やんを呼び戻す ・ドリと出会う ・青井ちゃんと出会う ・美波町に関わっている人とのつながりが得られる ・テレビや雑誌に取り上げられる ・周年祭でみんなの絆を深める ・田植えでみんなの絆を深める ・トライアスロンでチームビルド ・開発合宿でのびのび仕事をする ・休日に家族と遊びにいく などなど。 まちがいなく他の会社にはない、飛び道具です! 何をやるにも確実に差別化につながります。 そして、ほどんどお金もかかっていないません。 (美波町のみなさまありがとうございます!) 使い方は無限大。 何か企画を思いついたときに、美雲屋を絡めることで 違う確度から切り込むことができる。 例えばクラウドの勉強会を大阪でやってもなんの話題性もないけど、 人口70人村にある、築120年の古民家で、 というだけで一気に話題性があがるわけです。 どんなことにも共通する考え方ですが、美雲屋はたんなる「場」です。 「場」をいかに活用できるかどうかが腕の見せ所ですよね。 なんかヌルいとか、サボる場だとかそんなネガティブな発想は 「場」を有効活用しようとしていない、勝手な決めつけですね。 本気でやれば美雲屋でも本気で仕事ができるはず! せっかくの鈴木商店らしいコンテンツ。 コンサル、開発の設計合宿とか、 遊び心満載で、効率よく仕事ができる何かがあるはずです。 広報、採用でももっと活用できるはず! 皆さんにもぜひ知恵をしぼって積極的に「場」を活用してもらいたいと思っています。 武喜とドリが温かく迎えてくれるはずです。 俺は冬はあまり行けへんけど。。。 あっ、あと美波町を舞台に、吉田社長を主人公にした映画が撮影されるようです! エンドロールに会社名が流れるのが、鈴木商店を作った時の夢だったんで なにか、関われれば嬉しいなと。 ... 続きを読む

標準化で目指しているもの(システム開発編)

2018年02月06日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 最近、標準化のchatworkが開発部中心で盛り上がってきているので、 今日はミキティーから質問のあった、 「標準化で目指しているもの(プロセス編)」 についてお話したいと思います。 標準化で目指しているもの(プロセス編)でもお話しましたが、 システム開発という複雑なものを可視化するための物差しがプロセスです。 そして、標準化で目指しているもの(コンサル編)では、PDCAが重要とお話しました。 物差しで測ってみて、ズレた所を会社の成長機会と前向きに捉えて、改善しましょうと。 Planが見積で、Doが日報ですね。 chatworkで、ミキティーも書いていますが、今はチェックが行えていない状態ですね。 ワクワクに言えば、見積と日報の対比はすぐ?に出てくると思います。 で、見積と日報の対比を見たとき、おそらく 「で?」 ってなるでしょうw そこからが真髄にせまる作業。腕の見せ所! いわゆる、なぜなぜ分析ですね。 名探偵コナンになったつもりで分析していってください。 行動できるタスクレベルまで分析して落とし込む。 そのアウトプットとして、標準化の課題管理表にタスクと期限を記載する。 あとは、期限通りに行動するだけです。 明らかに間違っている、問題があるといところは、チェックせずに改善することも 今の状態では必要だと思います。 ただ、もう少し進んだら、やはりPDCAを基本として進めてほしいです。 チェックせずに大幅改善すると、一からやり直し感が出るし、 改善効果が定量的につかめないので。 トイレ掃除でも思うのですが、便器の裏側の床とか、 誰も手をつけていなかった所はめっちゃ汚れてるんです。 うわーーと圧倒されてしまう。 なんども雑巾をゆすがないといけない。 でも、今日は「便器の床」とか決めて、1回頑張ると、次からは便器の床は すぐにできるようになります。 PDCAも頑張って1回まわしてみてほしいです。 ... 続きを読む

上場して資金調達して何をするのか?

2018年02月05日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日は先日お話した「なぜ上場を目指しているのか」について、 「上場して資金調達して何をするのか」?という質問があったので、それについてお話したいと思います。 理念のおさらいからです。 鈴木商店の理念は「挑戦するお客様の力に」です。 システムというのは、世の中を変えようと挑戦している人の力を1万倍、10万倍に変える力をもっています。 その武器を、中小企業に安価で届けたい。 がんばっている中小企業が大企業をひっくり返す手助けをしたい。 これが鈴木商店の理念です。 世の中のシステム開発はまだ全く未成熟状態にあります。 いたるところで炎上の話を聞きます。 システムが中小企業の武器になっているとはいい難い状況です。 先日、◯◯株式会社さんにお邪魔した際にも、システム会社△△への愚痴を散々聞かされました。 鈴木商店のことを言われているようで耳が痛かったです。 このシステム開発という極めて困難な仕事を、正面から受け止め、 ・プロセス ・ユニット化 ・pJ管理 ・自社社員開発 ・直接受注 etc… という方法により、成熟されたシステム開発を目指しているわけです。 これは皆さんが今直面しているようにそんなに簡単なことではありません。 だからこそ、価値があるわけです。 上場基準に乗る、売上10億、利益1億という数字が達成できたころには、この挑戦がある程度形になってるはずです。 その形になったものを、資金調達することにより、もっと沢山の人たちに届けることが可能になります。 上場する3年後には、AI、IoTなど今バズっている技術が一般的に普及し、中小企業の武器になりえる状態になって来はじめているはずです。 私たちがシステム開発をチームワークをもって、極めて効率的に構築する力が身に付けば、 AIやIoTなど一般的に普及し始めたタイミングで量産できる状態にすることはそれ程難しいことだとは思っていません。 そういった技術を、上場で調達した資金をもって、より多くの挑戦者の助けになっていく。 上場して調達した資金はこのように利用していきたいと考えています。 ... 続きを読む

なぜ上場しようとしているのか

2018年02月05日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日は「なぜ上場を目指しているのか」についてお話したいと思います。 あたりまえですが、上場するのは資金調達のためです。 株を買ってもらうのに今の鈴木の株を買ってくれと言っても怪しいだけ。 いわゆる未上場株の売買。 上場とは、市場(いちば)に会社を出店するイメージです。 そのためにはちゃんとした会社だという認証を受ける必要があり、それが上場審査です。 (上場しなくても上場審査にむけて会社を整備することに意義があるという人もいてます) 調達した資金を使って、経営スピードを上げることができます。 コツコツと貯めて発展していくのと、資金調達して一気に進めるのとではスピード感に歴然の差があります。 また上場審査をクリアしたということで、会社の信用も格段にアップします。 なにかサービスを立ち上げる時もしかり、新規取引先に対してもしかり、信用力が全然違います。 大企業と取引する時は、今でも帝国データで何点以上とか言われることがよくあります。 上場していればそんなこと言われることなく大企業との取引審査を容易に突破できるようになります。 あとは、社員みんなの信用も違ってきます。 上場企業に勤めていると、クレジット審査、家のローンなどが格段におりやすくなる。 私はエンジニアにとって市場価値というのが大切だと考えていますが、上場すればみんなの市場価値も一気にあがります。 あの上場した鈴木商店の中心人物だと。 ストックオプションなど、まだ設計しきれてないが、幾らかの瞬間的な上場益も手に入れれるかもしれません。 逆にデメリットと言えば、会社がパブリックになるので、他人から口を出されると一般的には言われています。 しかし、周りの上場ベンチャー経営者は 「さほどのデメリットを感じていない」 「上場してほんと良かった」 と言っているのでそれほど気にすることでもないと考えています。 ... 続きを読む

チャレンジ予算

2018年02月02日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 鈴木商店には、チャレンジ予算という制度があります。 今日はそのチャレンジ予算についてお話したいと思います。 利益率だけを追い求めると実績のある技術要素をずっと使い続けることになり、 新しい技術が学べなくなるのでチャレンジ予算はそれを防ぐための施策です。 社内にノウハウがないような新しい技術にチャレンジしてPJ遂行をする場合に利用します。 お客様のために新技術を採用するわけですから、原則、お客様の予算でやるべきではあるのですが、 とは言っても、世の中の相場から大きく乖離したことはできません。 そういった場合に利用します。 例えば、見積もってみると1,000万かかる。でもお客様に請求できるのは500万。 それでもお客様、鈴木商店にとってやるべき技術なので、鈴木商店として500万負担して、 1000万のPJとしてスタートするといった感じです。 ここで重要なのは、今期のテーマである「追われるな!追え!」です。 予測を事前にたて、その通りに実行する。 闇雲に赤字覚悟で突っ込んで、あとから「新しい技術だから、、、」と言い訳するのでなく、 あらかじめ500万の追加予算が必要と「予測」した上でPJを遂行するというのがポイントになります。 で、ここまでは理想的な使い方ですが、実際には、新しい技術にチャレンジする以外にも使用することもあります。 例えば、コチラに落ち度がある仕様バグ、明らかな見積ミスなど、 PJが明らかに予算が足りないことがわかっている場合全般に使われます。 そんな場合に、予算が足りないからと言って、よくわからない赤字の結果を眺めてPJメンバーが疲弊するのでなく、 事前にいくら予算が足りないのかを予測して、チャレンジ予算を適用して、健全なプロジェクトとして仕切り直して、 プロジェクト管理することが狙いです。 ... 続きを読む

「システム導入コンサル」の役割について

2018年02月01日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日は「システム導入コンサル」の役割についてお話したいと思います。 コンサルは、レストランで言うところの、ホールマネージャー。 開発は、料理長。 ホールマネージャーが、客の好みを聞き出し、料理長が最高の料理を作る。 お互いが信頼、尊敬しあっている。というイメージです。 -前組織のディレクターとの違い 料理の事がよくわかっていないディレクターが料理の作り方にも口を出し、料理長不在となっていました。 開発からしてみればOKY(お前、来て、やってみろ)状態。 ディレクターからしてみれば「品質が悪い」な悪循環。 なので現在はコンサルと開発の2トップ体制にしています。 (統括店長不在感もり課題として認識している) -設計における開発メンバーとの役割分け 物事はなんでもつなぎ目が上手く行かないものです。 コンサルと開発のつなぎ目も同様です。 コンサルと開発なんてキレイに住み分けできないので、お互いが話し合って、意見を出し合う必要があります。 プロセスとして、コンサルが主担当になっている部分でも、開発がフォローに入る。 逆もしかり。 システム開発において、業務仕様の把握が何よりも大切です。 コンサルのみならず開発部も業務仕様を深く理解するよう心がけてほしいです! ... 続きを読む

経営者研修

2018年02月01日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 最近、俺が研修を受けているのでそれについてお話したいと思います。 俺は、経営者として未熟であると自覚しています。 こんなにいいメンバーが集まっているのに、 ・業績をガンガン伸ばせてない。 ・離職者が出てしまう。 ・お客様からお叱りを受ける。 ということが起こってしまっています。完全に経営の問題ですね。 じゃあ、どうやって経営力を磨くのか。 これは俺の何か新しいことを学ぶいつもの戦法なんですが、 ベンチマークとなる会社を見つけて、その会社のマネをしてみるのが最速の道です。 いわゆるパクるというやつです。 で、先日、訪問したイタミアートさんを見て、めっちゃいい感じだったので、社長に聞いたら、とある研修を紹介してもらってそれに参加しています。 その研修では、もちろん ・コミュニケーション能力 ・マネジメント・人材育成 とか、経営理論も学べるのですが、 その前に、 ・ビジョンとか ・挨拶とか 精神論的なものが基本にあってコソという考え方です。 あたりまえといえばあたりまえです。 なのでまずはそこから学んでいます。 その研修の現場実習の一貫として、60日間 ・ビジョンの共有 ・ありがとうを伝える ・トイレ掃除 というのを俺がやります。 みんなにやってもらうことでないのでご安心くださいw 急になんかはじめて、「おかしなったんちゃうか」としらけずにお付き合いいただければと思いますw 鈴木商店は決して軍隊的な会社にするつもりはありません。鈴木商店らしくないし。 うまい具合にアジャストしていいトコ取りできればと思います。 ... 続きを読む

標準化で目指しているもの(コンサル編)

2018年01月16日

代表の鈴木史郎です。 朝会で話している内容を一部公開していきます。 今日はミキティーから質問のあった、 「標準化で目指しているもの(コンサル編)」 についてお話したいと思います。 標準化は、とあるプロジェクト固有の問題でなく、会社全体のことを常に「意識」するしくみです。 基本となるのはPDCA。 ・(P)計画する ・(D)計画に沿って進める ・(C)問題点を見つける ・(A)改善する プロセスはこれらの物差しになるものと「標準化で目指しているもの(プロセス編)」でお話しました。 ・(P)計画する ・(D)計画に沿って進める これができてないと話ならん ・(C)問題点を見つける これが最重要です あたりまえだけど、コンサル自身が作業をしていて気付くこともあるでしょう。 ただ、自分の間違いは自分では中々気付かないので、開発部から問題提起が重要になってきます。 ・API一覧等タスクの洗い出し漏れ ・仕様変更が発生 開発部のみなさん、どんどんコンサルに意見してくださいね。 今、コンサルの標準化を見ていると、 ・成果物の粒度 がテーマかと思っています。 ここまでいらんでしょとか、これじゃわからないとか。 どちらかといえばやり過ぎ感があるので、もう少し粒度を落としてもよいかと思います。 その分、「なぜそうなったか」を開発部に伝えることにパワーを使ってほしいです。 ... 続きを読む